JFSCP 日本フィンランドむし歯予防研究会 大人と子どものむし歯予防
文字サイズ

TOP > 大人のあなたのむし歯予防 > むし歯予防のクローバー

大人のあなたのむし歯予防

むし歯予防のクローバー

むし歯予防の4つの要素

キシリトールが発見されたフィンランドでは、保健所にこのようなポスターが貼ってあります。
むし歯予防には4つの大切な要素があって、キシリトールはそれらの効果をパワーアップするための支えになると考えられているのです。

歯磨き+キシリトール

歯磨きは、歯の周りの歯垢(プラーク)を取り除くための、大切なケアのひとつです。そこにキシリトールを加えると、歯垢を形成しているむし歯の原因菌(ミュータンス菌)の力が弱まり、同じように歯磨きをしても、ずっと歯垢が取れやすくなるのです。

フッ素+キシリトール

歯磨き剤にも含まれているフッ素は、歯の表面から溶け出した歯を修復していきます。キシリトールは、溶け出した歯の内側から修復することが、研究により明らかにされています。つまり、一緒に使うと、ダブルのパワーで歯を修復することになるのです。

正しい食生活+キシリトール

ダラダラと甘いものを食べたり飲んだりしていると、それだけ歯が溶け出す時間が長くなることになります。甘いものは、食べる量より食べている時間に気をつけましょう。どうしても甘いものを食べたくなったら、食事のすぐ後に摂って歯を磨くことをおすすめします。
もし間食を摂ったならば、その後にキシリトールガムやタブレットを食べましょう。もちろん、間食としてキシリトールの入ったガムやタブレットを食べることもおすすめです。

定期健診+キシリトール

歯の健康は、残念ながら、自分だけでは維持することができません。ですから、予防に熱心な信頼のおける歯医者さんを積極的に活用していきましょう。むし歯のリスクが高くなる前に、定期的にチェックを受け、キシリトールについての知識や効果の高い歯科医院専用のキシリトール製品を手に入れて、毎日のケアに役立ててください。

Copyright © JFSCP All rights reserved.