JFSCP 日本フィンランドむし歯予防研究会 大人と子どものむし歯予防
文字サイズ

TOP > こどもに教えたいむし歯予防 > 6~12歳の予防法

こどもに教えたいむし歯予防

6~12歳の予防法

<歯の状態>
6歳から12歳で、ほぼ全ての歯が永久歯に生え変わります。

将来へ向けての大事なステップ!

実は、永久歯が完全にそろう12歳前後も、むし歯菌に感染しやすい時期であると考えられています。ですが逆に、この時期にむし歯菌から歯を守ることができれば、大人になってからもずっときれいな歯でいられる可能性がグンとアップします。

基本的なケアの方法は、3~6歳と同じです。1日2回、フッ素入りの歯磨き剤をつけてブラッシングし、必要に応じて歯医者さんでの予防処置を行い、1日3回、キシリトールを摂ることです。
むし歯予防を徹底したい、むし歯のない歯列を保ちたい、という場合には、ブラッシングのあとに家庭用のフッ素入りのジェルを塗ったり、キシリトールを食べる回数を増やすとよいでしょう。

特に、寝る前のキシリトールは効果的です。
睡眠中は、歯を守る作用があるだ液が少なくなります。 そこで、寝る前にキシリトールでお口の中の環境を良い状態にしておくというわけです。

小学校に通うようになると、親の目が届きにくくなります。隠れて甘いものを食べているかもしれません。でもその行為をまったく否定してしまうと反発が起きます。ですから、普段から「食べたら磨く」「食べたらキシリトール」「甘いものが食べたくなったら、なるべくキシリトール」など、お子さんに言い聞かせておくことも大切です。

きれいな永久歯列を育てるために シーラント

生えたばかりの永久歯の奥歯にある深い溝は、ばい菌が棲息しやすく、むし歯の原因となります。
むし歯になる前に、歯の溝の部分にフッ素を配合した樹脂を埋める処置がシーラントです。

深い溝に、歯ブラシの毛先が届きません

Copyright © JFSCP All rights reserved.