JFSCP 日本フィンランドむし歯予防研究会 大人と子どものむし歯予防
文字サイズ

TOP > プレママのあなたのむし歯予防

プレママのあなたのむし歯予防

赤ちゃんのむし歯対策はお母さんのおなかにいるときからスタート!

赤ちゃんのむし歯には、よく噛めない、歯並びが悪くなる、永久歯に悪い影響がでるなど、さまざまな問題があります。赤ちゃんは自分で歯を磨いたりできません。むし歯から守ってあげるのは、私たち大人の役目。そしていま、赤ちゃんのむし歯予防としてキシリトールが注目されています。

おなかに赤ちゃんがいるお母さんは、むし歯菌に狙われています

昔から、妊娠したお母さんはむし歯になりやすくなるといわれます。赤ちゃんに歯の栄養やカルシウムをとられてしまう、といわれますが科学的根拠はありません。ほんとうは、お母さんのお口のなかが、むし歯や歯周病にかかりやすい状態になってしまうのです。

甘いものばかり食べたくなったり、間食の回数が増えたり、また「つわり」の気持ち悪さのためについ、歯磨きを怠ってしまったり。確かに妊娠中のお母さんのお口のなかは、むし歯の格好の標的です。そのためフィンランドでは、お母さんが妊婦さんの時からむし歯予防の指導を行っているそうです。

お母さんのむし歯菌が、赤ちゃんにうつってしまうってほんと?

むし歯予防の先進国フィンランドで、妊婦さんにむし歯予防の指導が行われるのには、もう一つ大きな理由があります。実は、お母さんのむし歯菌は、赤ちゃんにうつってしまうのです。

現在では、むし歯は「むし歯原因菌(糖分を分解して歯を溶かす酸をつくる菌)」による感染が原因であることがわかっています。特に「ミュータンス菌」という原因菌が、口の中にうつり、繁殖することで、むし歯がおこりやすくなるのです。

生まれたての赤ちゃんの口の中には、むし歯原因菌はありません。まわりの大人が、だ液を介してうつしてしまうのです。お母さんにむし歯が多いと、赤ちゃんもむし歯になりやすいという研究も報告されています。

Copyright © JFSCP All rights reserved.