JFSCP 日本フィンランドむし歯予防研究会 大人と子どものむし歯予防
文字サイズ

TOP > キシリトールでむし歯予防 > 教えて!キシリトール

キシリトールでむし歯予防

教えて!キシリトール

知っていますか?「キシリトール」の基礎知識

甘味料キシリトールは天然素材。

キシリトールは、多くの果実や野菜の中に天然で含まれる自然の甘味料です。例えばイチゴには、乾燥したときの重量100グラム中に約300mgのキシリトールが含まれています。
また人のからだのなかでも、肝臓で1日あたり約15グラムのキシリトールが作られています。

キシリトールは、ヒトに安全な食べ物です。

私たちがガムやタブレットで口にするキシリトールは、白樺などの木からとれる「キシランヘミセルロース」を原料に作られています。
日本では、1997年4月に食品添加物として認可されました。しかし、その10年以上前から点滴の輸液成分として使用されるなど、キシリトールは人体にとって安全なものとして知られていました。またアメリカでは、その安全性から「1日にどれだけ摂取してもよい」食品として扱われています。

世界各国で研究されてきたキシリトールとむし歯予防。

キシリトールがむし歯を防ぐことを明らかにした最初の研究は1975年に発表されました。それ以降、日本を含めて世界各国で盛んな研究が行われています。
いまや一般的といえるキシリトールガムによるむし歯予防も、こうした研究の成果のひとつです。その他、砂糖の代わりにキシリトールを利用したり、タブレットやあめ、はみがき剤に配合したりと、むし歯予防に関わるさまざまな研究が続けられてきています。
キシリトールのように、数多くの長期にわたる研究で、むし歯の予防効果があると認められた甘味料は他にありません。

キシリトールがむし歯を防ぐ2つのチカラ

キシリトールがむし歯を防ぐ理由は、大きく2つに分けることができます。
1つは「むし歯の原因にならない」ということ。キシリトールは口の中で「酸」をまったく作りません。さらに酸の中和を促進する働きも持っています。だ液も出やすくなるなど、口中をむし歯になりにくい状態に保ってくれます。
もう1つは「むし歯の発生、進行を防ぐ」という効果。むし歯の原因となるプラークをつきにくくし、歯の再石灰化を促します。
さらにキシリトールは、むし歯の大きな原因とされる原因菌(ミュータンス菌)の活動を弱める働きを持っています。このむし歯原因菌への働きは、他の甘味料にはみられないキシリトールだけの効果です。

キシリトールで、毎日のむし歯予防をパワーアップ。

キシリトールがあれば、それだけでむし歯を防げるわけではありません。歯をむし歯から守るためには正しく歯を磨いたり、フッ素が配合されたはみがき粉を使ったりする事が大切です。
キシリトールは、プラークを剥がれやすくし、ブラッシングの効果を上げたり、フッ素と一緒になって、より歯を硬くするなど、普段のむし歯予防に加える事で大きな効果を発揮します。
毎日の習慣にプラスして、むし歯予防をしっかりサポートしてくれる。それがキシリトールなのです。

Copyright © JFSCP All rights reserved.